はぐれえんじにあ

普通のエンジニアってなんだろう

技術書を買う前に考えること

本が増えたなーと思い、本棚を整理。
技術書って高いわりにすぐ古くなるから悩みものですねえ。
一読してそのまんまの本とかザラ。なんかもったいないねえ。

こずかい制になった今、本を買う事に対してルールを設ける事にしました。

自分がよく買う本・雑誌

まずは自分がよく買っている本がどんなものかを知る。

技術評論社

翔泳社

オライリー

この中で、よく読むものと言えば技評の実践入門シリーズですかね。
言語系とかフレームワーク系はサラッと読んだらもう読まないですね。あとはサイトのリファレンスを読んじゃうかなーって気がします。本読んでからその後リファレンスを読むって順序逆なんじゃないかって思うんだよな。

本の買い方を考える

雑誌は電子書籍で買って、iPadで読む。
技術書はサイトのリファレンスを読み、GitHubでサンプルを読み、それでもよく分からん、かつ知りたい情報が記載されていたら買う。
思想本は素直に買ってもいいと思う。アジャイルサムライとかスクラム実践入門とかそういうやつ。

すっごい普通の事かもだけど、こんなかなあ。
気分で本を買ってしまうので、自制のための第一歩。